協会について

沿革 定款、事業計画・報告 事業と役割 川崎市からの委託事業 運営体制 入会について

 

川崎市障害者福祉施設事業協会(障施協)とは

障施協は、川崎市内の障害関係施設及び地域福祉サービス機関等が相互に連携し、障害福祉施設サービス及び地域福祉サービス事業の円滑な推進を図り、障害福祉の増進と地域福祉の発展・向上を目的として設立されました。

沿革

平成6年 6月

障施協の前身である「川崎市障害者福祉施設等連絡協議会」 発足(通称KD会) 45施設加盟、施設長会を中心に活動

平成14年 4月

川崎市障害者福祉施設等連絡協議会(通称KD会)を解散川崎市障害者関係施設事業協会 設立
川崎市高津区久本 3-6-22ちどり3階に事務所を置く
11法人 51事業所 加盟

平成14年 10月

川崎市福祉施設等苦情解決支援事業(第三者委員会) 受託

平成21年 11月

川崎市障害者施設共同受注窓口組織事業(しごとセンター) 受託

平成22年 3月

特定非営利活動法人川崎市障害福祉施設事業協会 認証、登記
21法人 74事業所 加盟

平成24年 8月

30法人 173事業所 加盟

定款、事業計画・報告

定款     28年度事業計画書
27年度事業報告書

事業と役割

  • 国・県・市と事業所間の連絡・調整
  • 日本知的障害者福祉協会、神奈川県知的障害施設団体連合会、県及び市社会福祉協議会など関連団体、機関との連携
  • 障害者の権利擁護・自立支援・相互交流・手をつなぐ体育祭等
  • 障害者施策に関する各種調査・研究、啓発及び職員研修等

川崎市からの委託・補助事業

平成26年度 運営体制

  • 総会(年1回) 会員36法人 ⇒ 会員名簿
  • 理事会(年3回) 理事13名、監事2名 ⇒   役員名簿
  • 役員会(年3回程度)
  • 施設長会(隔月年6回)・・・行政説明、情報交換、連絡調整等
  • 専門委員会
    総務企画委員会/人権委員会/権利擁護推進委員会/利用者交流事業委員会/職員研修委員会/広報委員会/危機管理対策委員会/社会参加促進事業検討委員会
  • 分科会
    生活介護分科会/就労支援分科会/障害者支援施設分科会/障害児施設分科会/地域活動支援センター分科会/精神障碍者支援施設分科会/グループホーム分科会/相談支援分科会
  • 職員会
    主任者会/支援職員会

 入会について

手続きについては事務局へご相談ください。 電話 044-829-6610

入会に関する資料
入会申込書(法人) 入会申込書(施設事業所)  調査票1  調査票2
障施協会費等規程