目的

第三者委員会(苦情解決支援事業)は、加盟施設等が、社会福祉法 第82条に規定する苦情解決に取り組むにあたり、その社会性や客観性を確保し、障害の特性に配慮した適切な対応を推進するため、加盟施設等が第三者委員を共同で配置、及び第三者委員会を運営し、利用者の加盟施設等に対する信頼を高めるとともに、辞表者によるサービスの質の向上に資することにより、利用者個人の権利擁護を図ることを目的(実施要綱)として平成14年10月から、障施協が川崎市の委託を受けて実施している事業です。

事業内容

@利用者、家族からの相談
A事業所・施設からの相談、巡回訪問
B解決に向けた支援

活動内容

@第三者委員会(隔月、年6回及び随時)
A第三者委員会全大会(隔月、年6回)
B直接相談(電話で予約してください)、施設・事業所巡回訪問


第三者委員会のシステムはこちらをご覧下さい

   

委員、協力員、加盟事業所

第三者委員7名(弁護士、大学教授、社会福祉士他)
第三者協力員34名 (社会福祉士、支援センター職員他)
加盟事業所131事業所(苦情解決責任者、苦情受付担当者)
(平成22年4月現在)

ご利用会費(年額)

 法内事業所 60,000円
 旧デイサービス事業所 30,000円
 地域活動支援センター・作業所等 20,000円
 グループホーム・ケアホーム 10,000円


利用申込先

ご相談連絡先